まだ独身だった頃、私は人付き合いが得意な方ではなかったので、会社での生活は緊張する時間でもありました。
恐らくみんな多かれ少なかれ同じではないかなと思うのですが、私は特に苦痛に思っていたものです。
なぜなら、直属の上司がちょっとと言うかかなり気難しいタイプで、私はどうやったら良い関係になれるのか分からなかったからです。
特に上司がこだわっていたもの。
それは食べる時の作法でした。
口を開けたままで食べないとか、箸をしっかりと持って食べるなどと言ったごく普通のマナーは私だって分かるのです。
でも上司がみんなに求めていたのはかなりハイレベルの作法。
なんだかんだ言われるのが嫌だと、その上司と一緒に食事をすることを拒む人も中にはいたほどです。
私も色々と注意されたものでした。
気に入らない食べ方をこちらがしていると、上司がイライラしてくるのがよく伝わってくるのです。
そんな上司と少しだけ距離が縮まったと思ったことがありました。
それはロト6を買ったと言う話をした時です。

ロトが上司との距離を縮めた

ロト7毎週金曜日
週末金曜日は期待に胸を膨らませているロト7ファンのために当選番号を速報中
www.hpfree.com/takarakuji/loto7.html

当時勤めていた職場の近くに、クジを購入できる場所がありました。
お弁当も近くで売っていたので、私はよくこの近くを歩いていたのですが、そのような理由もあってロト6を買うこともよくあったのです。
よくと言っても月に一回か二回。
一度に5口買って1000円を支払う。
そんな買い方でした。
夢を買うような気持ちと言ったら良いでしょうか。
当選結果がわかるまでの時間が凄く楽しかったことを覚えています。
そんな話をしたら、上司も実はロトのファンだと知って意外なことに話が盛り上がったのです。